Skip to main content

パラメトリック横揺れの危険性

SIMSL-profile-image

Published: January 15, 2022

このたび、国際P&Iグループ(IG)はオランダ海事研究所(Maritime Research Institute of the Netherlands: MARIN)のTop Tierプロジェクトに参加することとなりました。

このプロジェクトは様々なサイズのコンテナ船、特に超大型コンテナ船に焦点を当て、海難事故によるコンテナ損失の原因を調査・評価することを目的としており、海運業界、学術機関、政府機関を含む多方面の関係者から賛同を得ています。MARINは追って調査結果や推奨事項をまとめた報告書を発行する予定です。これにより、海上におけるコンテナ損失のリスクの軽減と根本的原因の除去に向けて、運航面及び技術面の改善が進むことが期待されています。

また、IGはパラメトリック横揺れに関し、コンテナ船の運航者や船長、船員にとって極めて有用と思われる資料を入手しました。この資料は船員及び船社運航スタッフを対象とした技術的アドバイスを提供しています。なお、本サーキュラーは同資料の内容を評価・批評するものではなく、パラメトリック横揺れに関する注意喚起を目的としています。

当クラブではコンテナ損失に関しリスクアラート「コンテナ貨物–積載と固定」を発行しておりますので、併せてご参照ください。

※本記事の英語原文は以下リンクをご参照下さい。

https://www.steamshipmutual.com/publications/Articles/parametric-rolling-top-tier-report012022.htm

Share this article: