Skip to main content

オーストラリア海上安全局(AMSA)のMarine Notice

SIMSL-profile-image

Published: December 15, 2021

前回オーストラリア海上安全局(Australian Maritime Safety Authority: AMSA)がリリースしたMarine Notice Focused inspection campaign—Safety of Navigation に続いて、AMSAが直近で公開したSafety of Navigationに関する新たな2つのMarine Noticeについてご紹介します。

 

1つ目の2021/07 - Responsible Navigational Practicesは、オーストラリア海域を航行する船舶の航海中の監視を担当する船長およびオフィサーが従うべき役割について記載しています。 AMSAは、Bridge Resource Management(BRM)技術(効率的な監視業務や航路計画をサポート)が航海において不可欠であることを強調しています。

AMSAは、ウェブサイトに掲載しているBridge Resource Management Advisory Noteについて船長およびオフィサーが熟知しておくこと、またオーストラリア海域を航行する全ての船舶がMariner’s Handbook for Australian Watersを携帯することを推奨しています。

2つ目の2021/08 - Electronic Chart Display and Information Systems は、電子海図表示情報システム(ECDIS: Electronic Chart Display and Information Systems)の適切な運用や、最新の航海用電子海図(ENC: Electronic Navigational Chart)の重要性について記載しています。ECDISの運用に関しては、以前AMSAが発行したMaritime Safety Awareness bulletin issue 14—Navigation safetyでも強調されており、国際海事機関(IMO)による包括的なガイドラインMSC.1/Circ.1503/Rev.1 ECDIS – Guidance for Good Practiceもあります。

またAMSAは、航海中の監視を担当する船長およびオフィサーがAusENCについても熟知していることを推奨しています。同情報はAHO websiteにて閲覧可能です。

船舶のSafety of Navigationについては、AMSAのPSC担当者によって検証される可能性があります。 AMSA のPSC担当者は、航海中の監視を担当する船長およびオフィサーがECDISの運用に関する重要な手順について精通していないという明確な根拠がある場合にチェックの対象とし、関連する条約の要件に従い、状況が解決されるまで船舶の出航を差し止めることもあります。

※本記事の英語原文は以下リンクをご参照下さい。

https://www.steamshipmutual.com/publications/Articles/amsa-marine-notices-on-responsible-navigational-practices122021.htm

Share this article: